>

豊岡で働くひと

豊岡に暮らす先輩たちの様子をレポートします。

jobnavi toyooka

「但馬同期会」~但馬で働く新入社員たちの絆づくり~

2021.03.30

「FM ジャングル」のパーソナリティ&「飛んでるローカル豊岡」の市民ライターをしている田上敦士です。城崎で生まれ育ち大学進学で上京、大阪の放送局に 30 年余り務めた後、昨年春に早期退職して豊岡に帰ってきました。

私が高校を卒業したころには、但馬から都会の大学に進んだら、継ぐべき家業がなければそのまま都会で就職するのが当たり前でしたが、時代は変わり、今では但馬にも「Uターンして就職する先」として考えられる企業が増えました。それどころか、他の地方から但馬に就職のためにやってくる人も珍しくありません。
とはいえ、ただでさえ心細い社会人 1 年生、慣れない土地で「新人」としての悩みを打ち明けられる相手がいないままでドロップアウトしてしまう人もいるようです。そこで、但馬銀行が 4 年前から「但馬同期会」というプロジェクトを始めました。但馬の企業の新入社員が、企業の枠を超えて「同期生」として集まり、懇親を深めながら社会人としてのスキルアップを図ろうという試みです。

第 4 期となる今年度は、14 の企業から約 30 人の新入社員が集いました。地元の高校を卒業して就職した人、大学を卒業してUターンしてきた人、但馬以外からやってきた人など様々なメンバーが、ほぼ月 1 回、年間で 10 回の集まりをもち、講演やレクリエーション、さらにチーム単位でのプレゼンテーションなどを通じて仲間との絆を深めてきました。今年度はコロナ禍の中での開催となったため、活動にも制約を受け、「定例会とは別に自主的に集まって懇親を深める」というようなこともできなかったのですが、それでも参加メンバーにとっては得るものは大きかったと思います。

(「しくじり先生」としてエピソードを話す但馬銀行・中島さん)

取材に伺ったのは、2月15日に行われた第9回。この日の前半は、幹事役を務めている但馬銀行但馬営業部の中島課長が、自身の新人時代の“しくじり”を題材に、自分の性格を踏まえた行動や職場環境への適応の仕方などを、銀行の裏話も交えてユーモラスに振り返りました。そして後半は、次回の最終回に各自がおこなう「目標宣言」の準備作業です。社会人 1 年目を振り返ったうえで、今後のキャリアをイメージして目標を設定し、そこに向けて具体的な行動計画を作っていくというグループワークです。

(真剣に話を聞く佐藤さん(左)・西下さん(右)ら)

終了後、約1年間の「但馬同期会」の活動をどう感じたか、参加者の中からお二人に話を聞きました。

株式会社徳網建設 西下男児さん(豊岡総合高校卒)

豊岡市出身で、建築現場で施工管理の仕事をしています。ここではいろんな会社の人の話を聞けたのがよかったです。社会に出て、こういう機会はなかなかないですから。お金とか、保険、車のことなど、きっとこれからの人生で役に立つと思いますし、ひょっとしたら仕事の上で接点を持つことがあるかもしれません。そういった話を聞けるのが、この但馬同期会の一番いいところだと思います。
一番印象に残っているのは、自分の会社や地元の魅力を中学生に向けて伝えるプレゼン大会でした。普段は、大勢の前で自分の意見や考えを伝えるということはほぼないので、なかなかできない体験でした。一緒に組んだ但馬銀行の新入社員をはじめ、みんなにいろいろ教えてもらい、自分が成長できたと実感しています。
ただ、やはりコロナの影響で、定例会以外の集まりができなかったのは残念でした。そういう場で、もっと中身の濃い話ができるんじゃないかと期待していたので…これからそういう機会がもてるかどうかわからないですけど、何年か経って、自分の素直な思いを出し合える場が作れたらいいなと思います。

株式会社ユラク 佐藤玖実さん(神戸市出身・関西学院大学卒)

神戸市出身で、今は城崎の旅館でゲストサービスを担当しています。もともと旅館やホテルを志望していて、城崎温泉の雰囲気に惹かれて但馬にやってきました。入社してすぐにコロナの影響で旅館が一斉休業になってしまいましたが、今はすっかり仕事にも慣れました。
但馬同期会では、知らない会社の話を聞くことができたのが大きいです。いつも家で使っているお酢を作っている会社の人がいて、すごく身近に感じることができました。プレゼン大会では、他の会社の仕事のことやメンバーが感じているやり甲斐などを聞いて「自分もがんばろう」とモチベーションが上がりましたし、他の人のプレゼンを受けて「ちょっとした言い方や仕草や雰囲気で受ける印象がずいぶん変わる」のに気づいたことは、接客の仕事の上でもとても役に立っています。
但馬同期会の1年間はあっという間で、とても楽しかったです。せっかくみんなと出会って仲良くなれたので、今後もこの縁を大切にしていきたいですね。

(佐藤さんと西下さん)

そして3月18日、今年度最後の「但馬同期会」では、メンバーそれぞれが社会人としての目標と、「資格の取得」「業務スキルの向上」など目標達成のための具体的な行動を発表。事務局から記念品を贈られ、1 年間の活動を終了しました。

記念写真に納まるメンバーたちは、まるで学校の卒業式を終えた後のようでした。その笑顔からは、1 年間で培われた固い絆がうかがえました。

「但馬同期会」~但馬で働く新入社員たちの絆づくり~
2021.03.30

はばたけ手をつなぐ育成会 橋本康太さん ~横浜からIターン。いちばん驚いたのは…~
2021.03.22

株式会社スズキ自販兵庫 森雄志さん ~山や川に入って地元の自然にふれ、車の販売をとおして地域の人々にふれる働きかた~
2020.10.30

三和商事株式会社 SPARK 森垣耀介さん ~療育という仕事を通して、自分自身も成長する日々~
2020.08.25

株式会社太陽ライフサポート 西村早代さん ~都会へ憧れもあるけれけど今、豊岡で良かった~
2019.03.20

但馬信用金庫 社福)あそう 坂田夫婦~彼はIターン・彼女はUターン 暖かい人々のサポートで仕事も住まいも実現~
2019.03.18

SHT兵庫株式会社 三木理志さん ~UターンのUの下は長め いろんなことをしてきた~
2019.03.05

4集合

コニー株式会社 中村 侑生さん ~人間味が反映されるところがかばん作りの良さ~
2019.02.27

002.jpg岡森さん

福井建設株式会社 岡森健太さん ~出張時、実家が近所にあることは大きな安心です~
2019.02.26

タジマ食品工業株式会社 松田 大樹さん ~豊岡でゆっくりのびのび暮らしています~
2018.03.30

株式会社ユラク 三江 智子さん ~飲食店でイベントの企画や運営も~
2018.03.27

株式会社システムリサーチ 杉本 良太さん ~開発ができるエンジニアを目指して日々、勉強中~
2018.03.19

松下ラゲッジ株式会社 中西 恵里奈さん ~豊岡の特産「かばん」をデザイン~
2018.03.15

株式会社西村屋 西村 総一郎さん~ふるさとを観光事業で輝かせましょう~
2017.08.14

公立豊岡病院組合立豊岡病院 米田 勝一さん 森田 須美さん~地域の医療にかける熱い思い~
2017.08.14

但馬信用金庫 石田 進矢さん~地元に貢献できることがやりがいに~
2017.08.14

有限会社ティーアンドエムズ 伊藤 勝雅さん~豊岡の良さを活かすためにスイーツ作りでできること~
2017.08.09

たじま農業協同組合 平野 楓さん~コウノトリ育むお米で地域貢献~
2017.07.25

株式会社由利 加納 康祐さん~ものづくりの熱い想いに魅せられて~
2017.07.18

全但バス株式会社 高木 愛恵さん~豊岡に英語の時代が来てるかも!~
2017.07.13

中田工芸株式会社 中田 修平さん~生き残るのは変化に対応できる企業~
2017.06.15

株式会社川嶋建設 野山 大樹さん~心の支えがあるから、仕事にも思いっきり打ち込める~
2017.06.05

株式会社キヅキ商会 中島 知乃さん(2014年入社)
2017.06.02

株式会社但馬銀行豊岡東支店 佐藤 弥月さん(2016年入社)
2017.05.17

社会福祉法人あそう特別養護老人ホームはまなす苑 成田 唯衣さん(2015年入社)
2017.05.02

豊岡エネルギー株式会社 加藤 修平さん(2012年入社)
2017.04.28

ジョブナビ豊岡 HOME > 豊岡で働くひと

無料職業紹介所ジョブ・サポ豊岡 あなたの就職を応援します

豊岡市内の企業に就職を希望するU・Iターン希望者に対して
就職斡旋・職業相談・企業情報提供を行う公的な機関です。

相談員がご相談に応じます

※窓口で相談を希望される場合は、予約制となります。

開設時間
月曜日〜金曜日の週5日(土・日・祝日を除く)
午前9時〜午後5時
業務内容
求人情報の閲覧・相談業務・紹介業務

お電話・メールから
のお問い合わせ

  • TEL.0796-21-9008

※電話番号をお間違えのないようにお気をつけください。