>

豊岡で働くひと

豊岡に暮らす先輩たちの様子をレポートします。

jobnavi toyooka

はばたけ手をつなぐ育成会 橋本康太さん ~横浜からIターン。いちばん驚いたのは…~

2021.03.22

橋本 康太(はしもと こうた)さん 36歳
認定NPO法人はばたけ手をつなぐ育成会
Iターンした年齢 31歳

こんにちは。「FM ジャングル」のパーソナリティ&「飛んでるローカル豊岡」の市民ライターをしている田上敦士です。城崎で生まれ育ち大学進学で上京、大阪の放送局に 30 年余り務めた後、昨年春に早期退職して豊岡に帰ってきました。

今回は、障害を持つ人々とその家族を支援する事業をおこなう認定 NPO 法人「はばたけ手をつなぐ育成会」に勤務されている橋本康太さんにお話を伺いました。橋本さんは横浜市出身で2016年4月に豊岡市に移住されています。

──まずはお仕事の内容から教えてください。
橋本
「はばたけ手をつなぐ育成会」では3つの拠点施設があるのですが(このほかにグループホーム等もある)、その一つである「ほっと塩津出張所」の施設長代理を務めています。この施設では知的障害のある利用者の方がアルミ缶の回収作業をしています。地域から回収したアルミ缶を施設内で仕分け、トラックで業者に届けるのですが、その際の車の運転などのサポートをしています。作業以外に、ウォーキングなどの生活支援活動もしています。また、今は、職員のシフト管理などのマネージメント業務もしています。

(3つある拠点施設のうちのひとつ  はばたけOLUOLU)

 

──生まれも育ちも横浜市とうかがいましたが、どうして豊岡へ?
橋本
ここに入ったきっかけは、友人がここで働いていて、話を聞いていると楽しそうだったので紹介してもらいました。理事長とお話して「面白そうだな」と感じたので、入れていただくことにしました。ここに来るまでは、横浜で、全く違う職種の仕事をしていました。正直、豊岡という土地については、来るまで何も知らなかったんです。そもそも日本海側に行ったことさえなくて(笑) だから、この土地の何かに憧れて豊岡に来たというわけではないし、障害者介護の仕事に強い関心があったわけでもないんです。ホントに「知らない土地を見てみたかった」という軽い気持ちでした。
──横浜を離れて、初めて住んだのが豊岡…ギャップが大きかったのでは?
橋本
確かに、最初は不便だなと思いました。コンビニは近くにないし、夜になると家の周りは真っ暗だし。ただ、それはすぐに慣れましたね。今は逆に「自然に囲まれて、静かでいいところだな」と思っています。遊びに行くところもあまりないのですが、もともとインドア派で休日は家でテレビを見たりゲームをしたりしているタイプだったので、それもそれほど気にならないです。
それよりも、気候への戸惑いの方が大きかったですね。来て最初の冬は大雪で、それまで「雪が積もる」という経験をしたことがなかったのでびっくりしました。「冬になると車のタイヤを替えないといけない」というのを初めて知りました(笑)あと、野生のシカを初めて見ました。一回クルマでぶつかりそうになって、「すごい世界だなぁ」と思いましたね。野生のイノシシも見ましたよ。
──今のお仕事は、どうですか?
橋本
ここに入って5年経って、グループホームでのヘルパー業務とか、就労支援とか、法人内の仕事は一通り経験させてもらいました。なかなか思うように進まないことも多いですし、自分自身、まだまだ勉強しないといけないことが多いなとは思っていますが、やっていることが利用者の方の生活の安定に直結しているという意味ではやりがいを感じています。ただ、一つだけ、どうしても慣れないことが…
──それは何ですか?
橋本
畑仕事というか、土を触るのだけがどうしても苦手で。横浜では周囲に土の場所といえば学校の校庭くらいしかなく、畑仕事とか泥んこ遊びとか全く無縁だったので…畑仕事は業務の一環としてあるので、もちろんやってはいるのですが、これだけは慣れないですね。
──将来についてはどう考えていますか?
橋本
いろんな施策は進んでいますが、障害者に対する社会の理解はまだまだ進んでいないなとは思っています。ウォーキングで外を歩いている時に、周りの人たちの視線からそう感じることは多いですね。ですから、自分なりに、施設の利用者と支援者、あるいは支援者同士をつなぐ役割を果たせればと思っています。もともとそんな風に強く思っていたというよりは、その役割を期待されているのであれば、それに応えていきたいという方が正確かもしれません。横浜で仕事していた時には、自分に何かを期待されていると感じたことがなかったので。ですから、ここを離れてどこかほかの土地に行くことは全く考えていないです。こちらに来てから、5年の間に法人の業務もだいぶ様変わりしました。当初聞いていた話と、だいぶ違うんですよ、いい意味で。「そんなことやるなんて、聞いてないよ」みたいな新しい事業がどんどん始まっていくので、刺激に事欠かないし、何より毎日が楽しいです。

(左から 中井佳与子理事長・橋本さん・成尾美恵事務局長)

【取材を終えて】

「横浜から豊岡へ移住された方」と聞いていたので、どんな強い決意を持って来られたのかと思っていたのですが、「特に深い理由はないです」という言葉を聞いて、正直ちょっと拍子抜けしました。ただ、橋本さんの口調からは「今自分のいる場所でしっかりと自分のするべきことをしよう」という強い意志が滲み出ており、風に流されながらも幹はしっかりと根を張っている柳のような強さとしなやかさを持った方だと感じました。

「但馬同期会」~但馬で働く新入社員たちの絆づくり~
2021.03.30

はばたけ手をつなぐ育成会 橋本康太さん ~横浜からIターン。いちばん驚いたのは…~
2021.03.22

株式会社スズキ自販兵庫 森雄志さん ~山や川に入って地元の自然にふれ、車の販売をとおして地域の人々にふれる働きかた~
2020.10.30

三和商事株式会社 SPARK 森垣耀介さん ~療育という仕事を通して、自分自身も成長する日々~
2020.08.25

株式会社太陽ライフサポート 西村早代さん ~都会へ憧れもあるけれけど今、豊岡で良かった~
2019.03.20

但馬信用金庫 社福)あそう 坂田夫婦~彼はIターン・彼女はUターン 暖かい人々のサポートで仕事も住まいも実現~
2019.03.18

SHT兵庫株式会社 三木理志さん ~UターンのUの下は長め いろんなことをしてきた~
2019.03.05

4集合

コニー株式会社 中村 侑生さん ~人間味が反映されるところがかばん作りの良さ~
2019.02.27

002.jpg岡森さん

福井建設株式会社 岡森健太さん ~出張時、実家が近所にあることは大きな安心です~
2019.02.26

タジマ食品工業株式会社 松田 大樹さん ~豊岡でゆっくりのびのび暮らしています~
2018.03.30

株式会社ユラク 三江 智子さん ~飲食店でイベントの企画や運営も~
2018.03.27

株式会社システムリサーチ 杉本 良太さん ~開発ができるエンジニアを目指して日々、勉強中~
2018.03.19

松下ラゲッジ株式会社 中西 恵里奈さん ~豊岡の特産「かばん」をデザイン~
2018.03.15

株式会社西村屋 西村 総一郎さん~ふるさとを観光事業で輝かせましょう~
2017.08.14

公立豊岡病院組合立豊岡病院 米田 勝一さん 森田 須美さん~地域の医療にかける熱い思い~
2017.08.14

但馬信用金庫 石田 進矢さん~地元に貢献できることがやりがいに~
2017.08.14

有限会社ティーアンドエムズ 伊藤 勝雅さん~豊岡の良さを活かすためにスイーツ作りでできること~
2017.08.09

たじま農業協同組合 平野 楓さん~コウノトリ育むお米で地域貢献~
2017.07.25

株式会社由利 加納 康祐さん~ものづくりの熱い想いに魅せられて~
2017.07.18

全但バス株式会社 高木 愛恵さん~豊岡に英語の時代が来てるかも!~
2017.07.13

中田工芸株式会社 中田 修平さん~生き残るのは変化に対応できる企業~
2017.06.15

株式会社川嶋建設 野山 大樹さん~心の支えがあるから、仕事にも思いっきり打ち込める~
2017.06.05

株式会社キヅキ商会 中島 知乃さん(2014年入社)
2017.06.02

株式会社但馬銀行豊岡東支店 佐藤 弥月さん(2016年入社)
2017.05.17

社会福祉法人あそう特別養護老人ホームはまなす苑 成田 唯衣さん(2015年入社)
2017.05.02

豊岡エネルギー株式会社 加藤 修平さん(2012年入社)
2017.04.28

ジョブナビ豊岡 HOME > 豊岡で働くひと

無料職業紹介所ジョブ・サポ豊岡 あなたの就職を応援します

豊岡市内の企業に就職を希望するU・Iターン希望者に対して
就職斡旋・職業相談・企業情報提供を行う公的な機関です。

相談員がご相談に応じます

※窓口で相談を希望される場合は、予約制となります。

開設時間
月曜日〜金曜日の週5日(土・日・祝日を除く)
午前9時〜午後5時
業務内容
求人情報の閲覧・相談業務・紹介業務

お電話・メールから
のお問い合わせ

  • TEL.0796-21-9008

※電話番号をお間違えのないようにお気をつけください。